ワイヤレスマイクの件、わかりやすく言うと

Pocket

1987年、ワイヤレスマイクの規格が大きく変更され800MHz帯および300MHz帯が割り当てられました。

その後大きな変化はありませんでしたが、2005年11月に電波法の関連法令である「無線設備規則」が改正されました。この改正によりワイヤレスマイクの技術基準も改正されています。

この改正により、無線設備のスプリアス(必要以外の帯域に発射される電波)の強さが国際基準に沿ったものに改められ、より基準が厳格化しました。

改正に当たり総務省では従来の機器を使用できる期限を2022年11月30日と定め、メーカーに対し新基準への対応とユーザーに対し期限までの旧機器の使用停止を求めています。

期限が近づいてきていることから、総務省と機器メーカーでは2005年以前に製造されたワイヤレスマイクの早めのご交換の案内と、対象となる機器のお知らせを昨春より開始しております。

なお、一部2005年以降に生産されたマイクでも対象に入ってしまうものがございますので、必ずご利用機器の製造元ページでご確認をお願いいたします。

期限後も旧規格の機器を使用し続けた場合、電波法違反(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)に問われる可能性がございますのでお早めのご検討をお願い申し上げます。

交換が必要な機器は送信機、つまりワイヤレスマイクのみでチューナーは基本的に対象外ですが、2005年以前の機器ですと性能の低下が生じている可能性が高く、修理に付きましても対応ができないものがございます。これを機に更新をお考えいただくのもおすすめです。

※これとは別に2008年の総務省告示により、簡易業務用無線(モトローラなど)のうちアナログ(350・400MHz帯)のものも同じく2022年11月30日をもって使用できなくなります。アナログ・デジタル両用機はメーカーによるアナログ停波処置と申請変更で引き続きご使用いただけます。弊社でもご相談を承っております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL